忍者ブログ
CALENDER
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


THANK YOU ACCESS
LINK
ゾンビ手帖
管理人【カニバル・ホロ子様】

ゾンビな店長のゾンビブログ
ゾンビショップジョージ
管理人【ゾンビショップ店長様】

ZoMVisH -ゾンビッシュ-
管理人【DM様】
 
銀幕大帝α
管理人【ヒロ之様】 

TRACBACK


amazon


MAIL
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラックサイト [DVD] ブラックサイト [DVD]
ダイアン・レイン,ビリー・バーク,コリン・ハンクス,グレゴリー・ホブリット

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
売り上げランキング : 47746

 


今年も後少しになりましたね。
個人的にはちょっと経験したくないような事が何度かあり、
今年はいい年だったぜ!とは声を大にできない年でしたが、
それでもこうして好きな事をブログで書く日常を送れているというのは有り難い事で、
この事こそが「いい年」だったのだ!と無理やり思う事にしています。
何かあったらこんな事してられないもんなぁ^^;
でももう2012年になるのか…。

2011年はMEGADETHやANTHRAXが数年ぶりにNewアルバムを出したりで、
現在ヘビーローテーション中ですが、
そんな昔からのバンドの記事で、先日びっくりな事が書かれていました。
2012年リリース予定のVAN HALENのアルバム。
ナント!!ベースは息子(1991年生まれ)だそうですよ!
親子で同じバンド。というより、息子がこんなに大きくなるまでパパんのバンドが継続している事がクール。スティーヴン・タイラーとかも娘さん大きいけど、何かこの記事には素直に驚いた。
あぁ…年月を感じさせる記事でしたよ。
映画界でもそのうちロブ・ゾンビの息子(がいるのか知らないけど)がマーダーライドショーとかリメイクしちゃうのかな。ちょっと楽しみでもあります。

個性の強い親父を追い抜くのは大変ですが、是非奮闘して欲しい物です。
ロメロの息子は……もうちょっと頑張れ!!



さて、今回の映画は「ブラックサイト」です。
本当のタイトルは「un traceable」ですね。
トムハンクスの愛息、コリン・ハンクスが出ていました。
いや~、やっぱり似てるね。
顔も似ているけど、
ふとした時に見せる人のよさそうな3枚目の雰囲気がまんまトム・ハンクスでした。
ちょっと酷い終幕でしたが、これからもいい映画に出て頑張ってほしいです。
 

SAWが流行ってからという物の、
こういう残虐拷問(?)みたいなののサスペンスが多くなった気がしますが、
ブラック・サイトもそんな匂いを感じさせつつ、
現在のネットの現実を示した映画となっています。
先日記事に書いた「CHATROOM」もうそうですが、
ネットでの犯罪は多かれ少なかれ【好奇心】が様々な感情の引き金になっている事が多いです。

実際に惨殺拷問会場に足を運んで、チケットをだして入場して、死んでいく人間を見に行く。
という人は多分滅多にいないと思います。
ホラーが好きだからって、爪切りもそんな会場へは足を運びません。
でも、もし本当にそういうのがあった場合、
「どんなのなのかな?」「ちょっと気になる」という人は案外多いと思います。
そんな後ろめたい好奇心ですが、通常はそこですぐに消える好奇心も、
ネットの中だったら、軽い気持ちでちょっと行ってみちゃう。
どうせ誰が見に来たかなんてわからないのだし、ちょっとクリックするだけだし。
何千万アクセスのひとつだもん。みんな観てるじゃん。
様々な自分への言い訳を塗りたくって、
人間は怖いものみたさでアクセスしてしまうと思うのです。


そんな普通の大勢の悪意のない人間が手を貸し、
殺人に加担していってしまうというのを描いたのが、この「ブラックサイト」です。

bs4-small.jpg

一緒に殺す?(ご遠慮します)

エンターテイメントとしての映画ですから、そりゃないぜwなシーンも多々ありますが、根本は明日にでも、否、もうすでにあってもおかしくないような内容になっています。
暗いです。重いです。ダイアン・レイン歳とってます。


あらすじ
オレゴン州ポートランドを舞台に、自身のWEBサイトに生々しい殺人の映像をライブで載せているシリアル・キラー。彼に苦しめられる犠牲者の運命を握っているのは、罪悪感もなく、好奇心だけでサイトにアクセスする世界中66億人の人々。彼のサイトのアクセス数が増えれば増えるほど、犠牲者たちの死期は早まってしまう。さらに悪いことに、犯行を重ねれば重ねるほどサイトの存在は知れ渡り、アクセス数は増えて被害者の死に至る時間は短縮されていく。ネット犯罪専門のFBI捜査官ジェニファー(ダイアン・レイン)は、焦りをつのらせながらも必死に手がかりを探るのだが…。
今回はgoo映画さんからコピってきました。


ブラックサイト、個人的には結構好きな映画です。
が、気になる点が数点。
 

★シリアルキラーっていうほどイカれてない犯人に不満
★犯人に理由がある
★FBIのネット犯罪専門のスペシャリストなのにうっかりしすぎ
★残虐描写で派手さを補っている


この4点です。
他にも、拷問にかけているシーンをみると、何千万かけた装置なん!?と犯人のお財布具合に「ないない」とツッコミたくなったり、主人公女性の強引に持ち合わせられた運のよさ等気になるといえば気になりますが、映画なのでそこは全部「これでいいんだ!」と思う事にしています。
微妙に手作り感満載の小さな装置(牛乳パックとストローで作りましたとか)でSATUGAIとか、絵的につまらないもんね。
 

気になる点一つ目の「犯人がイカれてない」についてですが、
まぁ、そりゃイカれてるよ?こんな事してるんだもの。
でも何と言うか、二つ目の理由にもあるけど、やけに冷静なのです。
アクセスカウンターと殺人装置が繋がれていて、どんどん犠牲者が死んでいくのだけど、
その過程をみても淡々としているというか、もっとヒャッハーってなってもいいと思うのです。
または、自分のしている行動に酔いしれているような描写が欲しかった。
犯人は恨みのある人間を犠牲者に選んでいるわけだから、
もっと感情的に復讐に燃えてもいい気がします。
これはこれで、冷酷でいいんだよ。と言われればそれもありますけどね…。(どっちなんだ!


理由の3つ目「スペシャリストなのにうっかりしすぎ」ですが、これはね~。
ズバリ。コリン・ハンクス君!!君の事だよ!!

c31b32eb.jpg

劇中、コリン君は結構女好きで、
チャットで知り合った女性と実際に会って
「昨日の子は良かった」だのなんだの言っているわけですが、
ネット犯罪のスペシャリストがネットで彼女探しはいかんなぁ。
しかも二股を「数で勝負なのさ」ととんでもない言い訳。
チャットで潜入捜査でネカマになったりと色々していて、
酷い詐欺とか目の当たりにしてるだろうに…。
案の定そこをつかれ、二股の一人の女性(ネットではない方)に声をかえた犯人に呼び出され、
まんまと出向いてしまうのです。

丸腰で。

馬鹿もんっ!!

もっと疑えよ!というか、もう少し用心するよね?
ブラックサイト捜査中なんだし、何が仕掛けられるかわからん状態なのにデートとかー。
そして、まんまと敵の罠にはまり犠牲者の仲間入りに…。
灯台下暗しってやつかな。違うか…。


理由の4つ目「残酷描写で~」ですが…。
はっきりいってこの映画、とても地味なのです。ちょっとしたジョークやハイテンションな息抜きシーンとか全くなく、ダイアン・レインも化粧っ気のないおばさん捜査官だし、ごくごく真面目な映画です。だからなのか、残酷描写の舞台の殺人装置にだいぶ「華」を持たせてあるのです。
例としていくつかお見せします。
 

bs3-small.jpg

胸にサイト名の切り傷を負った男性。
血液が固まらない薬を投薬され失血死狙い。
アクセスが増えると投薬スピードがあがっていく装置。


bs2-small.jpg

腰までをセメントで固められ体中にライトをかざされた男性。
ライトの熱でのじっくり焼死(火傷)狙い。
アクセスが増えるとライトの温度があがっていく装置。


他にもありますが、こんな感じです。
しかも死ぬまでのだんだん酷くなっていく様子を順に見せていきます。
火傷の男性は最期だいぶ酷かったです。炭だよ。炭。
これぐらいえげつない装置にしておけば、
昨今の残酷描写スキーな若者も気に入ってくれるかも♪という感じがしてしまいます。
勿論、爪切りも装置自体には「ほうほう!」とは思いましたが(←ダメ)
そこは、ここまで派手な演出じゃなくても
犯人の言動や心理的な追い詰め方で恐怖を感じさせて欲しかったなと思います。
装置はこのまま派手でもいいので、
それが浮かないくらい濃密なストーリーと魅せ方があればよかったな~。


勿論面白い映画なので見所も沢山。
犯人を捕まえるためにサイトにアクセスしないといけない。
しかし、アクセスすると犠牲者の死期が早まる。
でも、アクセスしないと手がかり掴めないし…。
でもアクセスしちゃうと…。
という無限ジレンマループに観ているこちらもどっぷり出来たり。
会話できるGPSサービス搭載の車(ハイテク!)とか
、ネット犯罪とか、様々な捜査手順とか興味深い所も沢山です。

bs1-small.jpg

シングルマザーでもありながら捜査の前線で果敢に戦うダイアン・レインもかっこよかったです。

皆さん、音楽泥棒.comをもし見つけてもアクセスしちゃダメですよ(笑)
表向きは曲の無料配信ですが、注文すると金融データが盗まれるそうです。危ない。危ない。


今回珍しくネタバレは7割程度です。(十分ネタバレじゃね?
そして珍しく真面目に書いてみました。


もうすぐクリスマスですね~。
皆様素敵なクリスマスをお送り下さい。
そこのサンタな貴方!!
爪切りはプレゼント絶賛受付中です。宜しくお願いします。

MerryChristmas


良かったら応援お願いします~

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

 

 
 

拍手

PR
本日は最初に素敵ブログのご紹介です。
驚きの1152作品の映画記事を書かれているブログ映画紹介の広辞苑

銀幕大帝α 様

と相互でLINKをさせて頂きました。
邦画・洋画・ジャンルでの検索の他に、あいうえお順での検索もでき、
「観ようかな?」と悩む貴方の背中を押してくれたり、留まらせてくれたりします。
悩む前に銀幕大帝α様へGO!

記事は詳しくわかりやすく、ネタバレも全開ではないので安心です。
普段接する事のない邦画やホラー以外のジャンルも興味深く拝読させて頂いております^^
鑑賞前の管理人ヒロ之様の予想★マークも楽しみです。
皆様も是非、足を運んで見て下さい。

 

デッド・フライト [DVD] デッド・フライト [DVD]
デヴィッド・チザム,クリステン・ケール,ケヴィン・J・オコナー,スコット・トーマス

ジェネオン エンタテインメント
売り上げランキング : 59566

 


皆様、本日はコンコード航空239便をご利用頂き、
誠に有難うございます。

dfl1-small.jpg

この飛行機は一応予定はLA発地獄パリ行きでございます。
超絶な悪天候と、政府の国家機密レベルの超危険な荷物を搭載しておりますので、
パリに無事到着できる確率は5%となっております。
また機内が非常に脆くなっておりますので、貨物室での爆発、流れ弾等、床を貫通してお客様の体を貫くことがあるかもしれません。

dfl4.jpg

十分お気をつけ下さい。


尚、本日搭乗されているお客様の中には、プロゴルファーはいらっしゃいますが、

dfl3-small.jpg

お医者様はおりません。予めご了承下さい。


機長はレイ・バショー、本日の運行が人生最後の死亡フラグの立つベテランパイロットです。
私は、客室を不安で煽る係りを担当いたします爪切りでございます。

dfl8-small.jpg


シートベルトを腰の低い位置でしっかりとお締め下さい。
尚、感染が早めにわかったお客様、お飲み物が欲しいお客様、

dfl7-small.jpg


出血が酷いお客様。四肢が欠損したお客様は、

dfl6-small.jpg

客室乗務員が巡回している際に、ご遠慮なくお声をおかけくださいますようお願い申し上げます。
間もなく離陸いたします。
シートベルトをもう一度お確かめになり、ランプが消えるまでは席をお立ちにならないようお願い致します。
それでは皆様、快適な空の旅をお楽しみ下さい。


こんばんは、本日の映画は『デッド・フライト』です。
本当の名前はFLIGHT OF THE LIVING DEADですね。
怒涛の如く写真付きで始めてみました。
アテンションプリーズって感じで★……(´・ω・`)


DVDジャケットをご覧下さい。
面白い煽り文句が書かれていますね。
高度10、000m、迷惑客、大暴れ!!
あれ…何か似たようなの見た気がします。…と思ったら『フローズン』でした。
あちらは、地上15メートルです。
( ´,_ゝ`)プッたいしたことないね。(シュチュエーションが違う!)
デッドフライトの迷惑客。
あいつかな?それともあいつか?考えると全員が迷惑客な気もしてしまいます。
それだけ個性的って事で。


いるいる!!迷惑客!!酒がただだからってベロンベロンに酔っちゃって騒ぐ奴。
そう思うのは普通の思考ですが、この映画の迷惑客、酔っ払いの100倍はやっかいです。
だってゾンビだもの。厳密に言えば何かの実験の成れの果てといった方がいいかもしれません。


飛行機の全体が写る空の映像がチープなのに目を瞑れば、
とってもハイテンションで楽しいゾンビ映画です。
何度か観ていますが、観ると元気になり、小さい事がどうでもよくなるという不思議な映画になっています。
ゾンビ映画界のハードロックといった所でしょうか。褒めすぎですかね。


最初に書いたアナウンスもどきが、もうこの映画の全てであらすじみたいな物ですが、
一応ちゃんとしたあらすじを載せておきます。
飛行中の旅客機内に突如現れたゾンビが次々に乗客乗員に襲いかかるホラー・アクション。悪天候の中、様々な乗客を乗せてロスからパリへ向けて飛ぶボーイング747。その貨物室には防護服と銃で武装した護衛によって監視されている特別貨物があった。だが乱気流の衝撃で特別貨物のフタが開くと、中から現れたのはひとりの女性。だがその人物こそ、臓器を蘇らせる新種の細菌によっていわばゾンビと化した女性だった。襲われた者次々とゾンビ化し、機内はパニックに包まれる。保安局員、刑事、護送中の詐欺師、スチュワーデスをはじめとする生き延びた乗客乗員は、ゾンビとの壮絶な死闘を繰り広げていくのだが…。
素晴らしいあらすじ!もう何も書く事ないよ。
有難うございます。ヤフー映画様。


ストーリーはもうわかったと思うので、
今回は個性的な登場人物をご紹介してみようかと思います。
あまりに登場人物が沢山いるので、お写真を省略させて頂いている場合もあります。

dfl2.jpg

元祖感染源ゾンビ・ケリー 【迷惑で賞】
この人がね、箱に入って貨物室に入れられています。
ゆる~い固定バンドで、脆い箱に、壊れかけの装置を繋げて搭載されております。
もうね、「飛び出したらいいよ!!」と声を大にしていいたい。
あれくらいの揺れで開く箱を最初から飛行機なんぞに積むなと小一時間(ry
どうやら一度死んでいるらしく、実験(投薬)のおかげで蘇生したらしい。
実験はある意味成功で、最初に蘇った時は、普通の女性(喋れるし腐ってない)まさに生き返った感じだったのですが、その後ふぁびょった監視員に銃殺されたら…突然ゾンビになり凶暴化しました。うむ。あれですかね。蘇生は一度まで!ってお約束事のある薬だったのでしょう。


バカップル×2  【ホラーに必須のバカップルで賞】
ゾンビになる前からの迷惑客です。機内のトイレを占拠して友人の恋人とエッチをしたり(二組ともお互いの恋人と…!)機内でラグビーボールでキャッチボールをしたりと、常識的にダメな方達。ゾンビパニックが起きてから、まっさきに餌食になります。ほらいわんこっちゃない(酷
ゾンビになってからは、人を襲う以外は普通です。


客室乗務員  【職務を全うしたで賞】
パリについたら素敵でロマンティックな夜を過ごす気満々な今時の美人客室乗務員。
ゾンビ前はさすがに迷惑度はまったくありません。寧ろ頑張っていたと思う。こんな事態になってしまってもしっかりシートベルトをしめ、冷静に対処していました。ゾンビ化した後も中々の美人(?)否、ゾンビが似合っていたというべきかもしれん。


シスター 【神様お願いで賞】
祈りはお任せ!
役には立たないけど、邪魔もしません。
ただひたすら席で祈りをささげるだけ。最終的には両足が無くなってしまいますが、それでも人を助けようとしていた優しさには脱帽!
でもその十字架…あまり効果がないようです。残念。


プロゴルファー  【ナイスショットで賞】
正義感のあるスポーツマン。サインを求められればにこやかに対応。素晴らしい!武器のゴルフクラブ(パター)を手に、終盤はゾンビヘッドめがけてフルショット。諦めない心を持ち、皆を守るリーダー的な存在。目指せホールインゾンビ!

プロゴルファー嫁  【うっとうしいで賞】
上記ゴルファーの奥様。プライベートで旅行しているのにサインに応じたり、にこやかにゴルフの話を周囲としてしまう旦那にご立腹。何かと文句をいいまくり客室乗務員にも嫌味をいったり。乱気流で頭をぶつけ負傷。まぁ、それでも終盤は旦那に背中を押されつつ生き延びるために奮闘。


関係者達(悪徳研究員御一行) 【おい!何積みやがったんだ~賞】
今回の薬の実験をしていたメンバー。しかも、政府から逃げてこのまま自分達だけで美味しい思いをしようと企んでいる悪党。実験体の女性(元祖感染源)の旦那(ルーカス)もいるが、その人物のみ常識人で、かつこの計画に反対らしく仲間割れしている。坊主の研究員がリーダーだがホントどうしようもない奴。
ゾンビ騒動が起きた際、一番びびっていたチキン野郎です。でも大丈夫。終盤の殺され方が一番無様。ちょっとスッキリです。


機長 レイ・バショー  【登場時から死亡フラグで賞】
副操縦士 【客室乗務員とランデブーで賞】

「俺…退職したら妻と旅行でのんびりするんだ」
この搭乗をもって引退する高齢でベテランのパイロット。
その時点で綺麗に死亡フラグが建っています。わかりやすいですね。
副操縦士は客室乗務員の一人と恋仲中。ちょっと自己顕示欲が強そうで我侭な部分も。
恋人に噛まれてゾンビになるあたり監督の優しさを感じます。あ、ゴルファーも最後は奥様と共に散るのですよ。死が二人を分かつまで…。ですね。


お偉いさん達  【ま た お 前 ら か !! で 賞】
もう何も言うまい。事件は会議室で起こっているわけじゃない(笑)ちなみに大統領も一枚噛んでいます。


追撃命令を受けた兵士  【巻き込まれちゃったで賞】
ゾンビパニック後、通信が途絶えた飛行機を追撃するために派遣された兵士。
全く関係ないのに、巻き添えをくらって運転席に突進してきたゾンビの死体に驚き運転を誤って炎上→死亡。ついてない…。


冴えない刑事・トールマンバロウズ  【おちゃめで好感度が高いで賞】
護送中の容疑者と手錠で手を繋ぎ搭乗。
ちょっと仕事に疲れた感じのくたびれ刑事ですが、とても味がある。小島よしお(下記参照)にあれやこれや話しかけられ、心底うざったそうにあしらう辺りが演技派です。しかし、ゾンビパニックのちょい前、容疑者に逃げられたりとうっかりな事も…。
それを補うくらい後半は頑張ります!数少ない生き残りメンバー。


護送中の国際手配半  【小島よしおとそっくりで賞】
似てませんか!?もう映画中ずっと「よしお」と呼んでいました。
会計士と偽り、マフィアから3500万ドルを横領。ジェットを盗み 強行着陸等々しでかしたというのだが、ウィットにとんだ性格らしく、どちらかというと結婚詐欺師の香り。中々いいやつです。


航空保安官 ポール・ジャド 【変な帽子で賞】
最初登場時、ただの怪しい奴だと思っていました。ごめんなさい。後半は刑事と一緒に大奮闘。変な帽子でさえクールにみえてくる不思議。
 

↑★紹介ここまで★↑



飛行機の作りって、どうなっているのでしょうね??
全く詳しくありませんが、この映画を観ていると、客室のトイレの鏡の裏からゾンビがいきなり襲ってきたり、

dfl10-small.jpg

飛行機の扉を開けちゃったり(気圧とかどうなん!?)と結構はちゃめちゃです。

くるぞくるぞ…(´゚∀゚`)キタコレな定番が所狭しと散りばめられているので
予想を裏切らないアトラクションムービーになっています。
ゾンビに襲われるシーンもワンパターンに食べられるだけでなく、
怯えた襲われる側の瞳に写ったゾンビのドアップや、落ちている反射鏡(?)に食われるシーンが写るとか、
見せ方にも工夫が見られGOOD。

また、ユーモアを感じさせる所では、傘で攻撃し、
それがワンタッチ傘だったので頭を貫通した際に開いたり、
ラストのシーンの研究員ゾンビの下半身がないのにまだ生きている所や、
律儀にずっとシートベルトをしていたが為に、
ゾンビになっても席を立って暴れられない東洋人とか、(最後まで席に座っています)

dfl9.jpg

クスりとしてしまう場面も沢山です。ちょいとしたラブロマンスもあるよ(笑)
ラストはホラー定番の驚かしドアップで閉め、それもまたいい感じ。

これ続編でないかなぁ。
デッドフライト2。今回散らばったゾン達があちこちで大暴れな映画が作れそう。

地上に舞い降りた迷惑客、今度は世界で大暴れ!!

2の煽り文句は是非これで。

軽~くゾンビりたい時にお勧めです。是非。


良かったら応援お願いします~

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

 
 

 

 

拍手

ドクターズ・ハイ [DVD] ドクターズ・ハイ [DVD]
マイロ・ヴィンティミリア,マイケル・ウェストン,アリッサ・ミラノ,ローレン・リー・スミス,ジョニー・ホイットワース,フィリス・カーライル,エリック・リード,マーク・ネヴェルダイン,ブライアン・テイラー,マーク・ショーラーマン

アット エンタテインメント
売り上げランキング : 70567

 


昨日、警察へ行ってきました。
別に犯罪を犯したわけでも、町でゾンビの真似をして職務質問を受けたわけでもありません。
免許の更新に行ってきたのです。
優良ドライバーなので30分講習でちょいちょいと終わらせてきたのですが、
とにかく待ち時間が長い…。
あまりにも暇なので、壁に貼ってあるありとあらゆるポスターをじっくり見ていたのですが、
その中にシンプルながら、「ほう…」と思わせる物がありました。
銃を片手に立っている男性の、右下半身と手だけが写っているポスターで、
「こんなものを持つ為の手じゃない」
みたいな事が書いてある物。(ちょっと正確に覚えていない…。メモしとくべきだった)
シンプルだからこそ伝わる真摯なメッセージ。うむ。その通りだなと思いました。
日頃、内臓だー♪切り株ヾ(・∀・o)ノダー!!
とはしゃいでる爪切りが言っても全く説得力がないですが。
そして、5年間見せ続ける事になる免許書の写真の為に気合いをいれて行ったのに、
出来上がったら毎度の最悪な写真になっていました。5年長い…これ、何て罰ゲーム?


皆様、こんばんは。
本日の映画『ドクターズ・ハイ』です。
本当のタイトルは「PATHOLOGY」ですね。
上のポスターとは微妙に違いますが、この映画はまさに
「メスはこんな事に使うんじゃない」と言いたくなる映画でした。
ホラーよりもずっと闇に近い、ある意味真のホラーです。
でもこれサスペンスなんだそうですよ。
あんなにスプラッターなのにな。線引きって難しいです。はい。


95分と短い映画なのですが、テンポがとても速いので、だれることなくずんずん進みます。
主人公はエリートインターン。
でもただの医者じゃない。死体を調べ死因を解明する監察医です。
よく映画でマッドドクターっぽい人出てきますよね?
マッドドクターの頂点は、
『マーダーライドショー』に出てくるドクター・サタンその人だと個人的に思いますが、
kd1-small.jpg

ここまでマッド街道をダッシュされると、もうドクターじゃなくモンスターでいいのではないか?
という疑問が激しくなるのでとりあえず大好きですが、
彼は除外しておきます(←何から除外だ)

そうだな~先日ブログに書いたゾンビホスピタルの医者あたりのマッド度でいいです。
そういうマッドドクターって想像しやすいじゃないですか?
あぁ…変な薬開発してんのかな…。人体実験!人体実験!みたいな。
しかし、『ドクターズハイ』のマッドドクターっぷりはそういうのとは別の次元なのです。
マッドというよりクレイジー。
あ、クレイジーがいいな。自分で言うのも変ですが、書いてみてしっくり来ました。
登場人物が9割クレイジーなのです。
殺人・麻薬・人道に反した行為・淫らな性。
何が彼等をそこまで狂わせたのか背景はわかりませんが、考え付く限りの悪道を走らせてみました!という濃い味の意欲作です。だいぶ面白かった。ホラーもいいけどサスペンスもいねっ。


前置き長くなりました。

あらすじ
ハーバードの医学部を首席で卒業したテッド。将来を嘱望された彼は、インターンとして全米のエリートが集まる医療センターに赴任し、一流のドクターを目指すことに。しかし、テッドの所属したチームは自分たちの医学知識を競わせるため、秘密裡に誰かを殺してはその死因を当てていくという“ゲーム”に興じていた。罪悪感の麻痺した彼らに翻弄され、逃げ場を失っていくテッド。やがて、彼の恋人にも身の危険が迫るのだが…。
今回もコピペってきました。


この映画、オープニングからしてとんだ悪趣味を披露しています。
男女の死体の口をわざと手で動かし、勝手に台詞をあててS●Xシーンを再現。
kd10-small.jpg

いいわって、ヲイヲイ白目剥いてるじゃないか。
まったく酷い事するなー(笑


死人に口なしとはいうけど、ちょっと死体に同情。
この悪趣味遊びは映画の中じゃまだ可愛いものです。

このテッドという主人公。
最初は真面目で品の良いお坊ちゃんに見えます。可愛いフィアンセ(余談ですがフィアンセはアリッサミラノ(驚)いつから女優に!!アイドルだったのにー)もいて、教授にも気に入られ、腕もぴか一。
正義感もあるし(最初にゲームを知った時は皆を叱咤し、自分はやらないぞ!という意思表示をしていました)
こんなくだらないゲーム参加するわけないよね。と安心していたら…。

kd2-small.jpg

ちょwwはやっ!!
堕ちるのはやっ!!


時間の関係もあるのでしょうが、驚きました。
勿論、仲間になる事への葛藤も多少はあったし、
嵌められたといってもいいくらいの周囲の攻めっぷりでしたが、
それでも数日であっという間にクレイジードクターの仲間入りです。
やっぱ、あれなの?
爪切りは馬鹿なので理解できないけども、天才は自分の手腕を顕示したいものなのか?


この映画でのゲームというのが、死因をあてるという物なのはあらすじにも書いてありますが、
この死因、普通の死因じゃ彼等は物足りないわけですよ。
「心臓の血管が梗塞している箇所がある」→「これは心筋梗塞に違いない(`・ω・´)キリッ」
こういうのじゃダメなのです。
外傷なく、パッと見は何で死んだのかわからないような死体が望ましいわけです。
しかし、早々そこまで難解な死体ってあがってきませんよね?
そこで、

ないなら作ればいいじゃない

となるわけです。
まぁ、そうなんだけどね。
普通はそこで「作る」って「殺す」ってことだし…、と躊躇う筈なのですが、
クレイジーなので誰も躊躇いません。躊躇うどころか、
今回はどうやって殺すかな^^
あの薬品を使うと時間で毒消えるし…もういっこダミー死因のために撲殺っぽい痣もいれとくかw
うはw腕が鳴るぜ☆⌒ヾ(*゚∀゚)ノヒャッホォ-ゥ♪
な奴らばかりなのです。もう~クレイジーなんだから~★
 

簡単にネタバレ登場人物紹介しておきます。

kd8-small.jpg

テッド(主人公)
クレイジー度    60%
殺し方レパートリー 数時間で痕跡のなくなる毒薬使用
やめときゃいいのに仲間になったがために人生オワタな人。しかし、自分の腕がいいのを認められ満更でもない様子。恋人がいるのにジュリエットと激しく変態っぽい性行為(舌をメスできって流血させ舐めながらの行為)をしたりもする面も。終盤、恐くなってチーム全員を事故に見せかけて爆発で殺そうとしたりとクレイジーな素質は十分。


グウェン
クレイジー度    1%
テッドのフィアンセで弁護士の卵。裕福な家庭で育ち知的な容姿のお嬢様。
クレイジー度が0じゃないのは、テッドを選んでしまったという点で(笑)
 

kd4-small.jpg

ジェイク
クレイジー度    100%
殺し方レパートリー 銃殺・撲殺・ナタで滅多斬り・毒薬・これらを混合して殺害。
クレイジーチームのリーダーでジュリエットの恋人。腕はいいが、性格が大問題。彼女との性行為中も針をさされ喜んだり、ナイフで浅く切りあうなど変態万歳な人。最後は狂って生きたまま人を殺しまくります。名づけてジェイク・マサカー


ジュリエット
クレイジー度    90%
殺し方レパートリー 液体窒素を思い切り吸わせ、肺が凍ってから胸を強打し肺を破壊。他の臓器を傷つけず生きたままの窒息死を促す。
ジェイクと変態恋人同士。しかしキャサリンともレズ仲間。そしてテッドとも…。美人で腕もいいが冷酷な性格で、嘘が上手。新入りのテッドに夢中でジェイクを怒らせ、狂気に走らせる原因を作ってしまう。最後はテッドに殺され自らが実験体に。
 

kd5-small.jpg

グリフィン
クレイジー度    85%
殺し方レパートリー ターゲットは車で流しながら適当にチョイス。タバコに薬を混ぜ、吸い込むと熱が蒸気を活性化させ内部火傷。
唯一のイケメン眼鏡。いつもどこかふざけた調子で、自分達のしている事に罪悪感を微塵も感じていない。死体を焼却処理して証拠を消したり、院内の死体の管理をPCで改竄したりもしている。爪切り一押し(ん?
 

kd6-small.jpg

キャサリン / チップ
クレイジー度    70%
2人ともクレイジーメンバー。上記主要メンバーに負けず劣らずクレイジー度高め。死体を前に医療用マリファナを吸いまくり、ハイテンションで解剖しまくるお祭り要員。十分クレイジーだが、周りがあまりにすごいので影が薄め。


kd7-small.jpg
ベン
クレイジー度    ??
最初にテッドが来た時に、案内役を頼まれた同期。
あまり登場シーンはないが、ジェイク一行を良く思っていなく、なるべく付き合わないようにしている。真面目そうに見えるが、時々ジョークをいう事も。一応彼女もち。ジェイクとつるむようになり、テッドが変わってきたのを密かに心配している。


モリス教授
クレイジー度    0%
医療センターの教授。グウェンの父と仲も良く、テッドの腕をかって高く評価している。テッドがドラッグを使用しているのに気付き注意するも、ドラッグ以上の事をしているのは見抜けず。


さて映画に戻ります。
このゲームへ参加するには、材料となる死体をゲームに提供する事が必須なので、主人公のテッドも初回、死体を提供します。
★テッドはじめての殺人★栄誉ある一人目に選ばれたのは入院患者です。
初回から一般健康人をチョイスというのはハードルが高いので、取り合えず

手近で(院内)
死んでもいいような悪人で(妻と子供を殺害している)
動けないほど瀕死(楽に殺害できる)
なおじさんが選ばれたわけです。
ご愁傷様。


まぁ、クレイジーメンバーの一人に
「こんなんいるけどどうよ?」と紹介してもらったのですけど。
意地になって「ぼ、僕だってできるさ!!」状態の主人公はあっさりそれを受け入れ。
しかし、さすがに初体験はドキドキしますよね。
忍び込んで殺害するシーンは緊迫感があって観ているこちらもドキドキできます。


こうして、悪道医療行為とジュリエットとの体の関係にどっぷりはまっていくわけですが…。
休暇で実家へ戻り正常な世界に身を置いたり、
恋人と再会したりしているうちにテッドもだんだん正気に戻りかけます。
極めつけは戻ってから呼び出され、訪れた先でのジェイクの狂いっぷりを見た事。
ジュリエットとの関係に気付き嫉妬に駆られただけとは思えないほどの行動です。

そこらじゅうに惨殺死体(勿論殺したのはジェイクです)をおいたまま踊るジェイク
画面が暗くてそのパーティっぷりがうまく撮れていません…無念

kd3-small.jpg

よくマジキチとか使いますが、本当のマジキチとはこういうのを言うんですね。
一つ勉強になりました。


この現場、というかこのジェイクを目の当たりにして、テッドはこのままじゃいかんな…。
と決心するわけです。
えーっと、ちょっといいかな。

気付くの遅すぎ!!

しかし、あっさり抜けられるはずもなく…。
ジェイクに「恋人の名前、グウェンだったよな」とほんのり脅迫され、恋人の命に危険を感じたテッドはいい案を思いつきます。
チームメンバーを全員殺しちゃえばいいじゃん
もうね。完全に思考が毒されてる。考える事を放棄したとしか思えません。


そしてそれを実行。
いつも集まる手術室に引火性のあるガスをしかけておきました。
マリファナを吸おうとしてライターを点火するとドッカーンという仕組みです。
焼け焦げるメンバー達。サイレンを鳴らし駆け付ける救急隊員。
自らの教え子が焼死し驚き駆け付けたモリス教授。
悲観にくれているモリス教授に近づき、何食わぬ顔で話しかけたテッドは凄い失敗をしでかした事を思い知らされます。
証拠も残さず全員を殺ったかと思っていたら、
一人生き残っていました。
一番死んで欲しかった奴が。
悪人は悪運も強いものですからね。

やばいよー><あいつが生き残るとか、グウェン殺されるーーー。
急いでフィアンセのもとへ駆けつけるも、時すでに遅し…。
グウェンは帰らぬ人となっていました。

ラスト、テッドのジェイクへの復讐がすさまじいです。

kd9-small.jpg

痛い。痛い。痛い。
あー、やっぱりテッドもクレイジーだったんだね。うん。

今までのジェイクの悪行を観てきた身としてはラストは自業自得な結末だとは思いますが、それをテッドが執行するというのはちょっと違う気もする…。だってテッドも決して手を汚していないわけではないからなぁ…。
制裁と言うよりは、テッドの個人的な復讐で幕を閉じたという事でしょうね。

多分このあともテッドは狂った生き方を修正できないまま、闇にずぶずぶと沈んでいきそうです。
予断ですが、ジェイクへの復習に某人物が参加するのですが、意外な人物。
そこだけは観て見て「おぉ!!」を楽しんで下さい。


観なくてもOKレベルのネタバレ記事でしたが、
それをみても尚観る価値のある映画だと思うので皆様も是非。
高度な殺人シーンや医学用語と医療的な見解を聞かせる解剖シーンはリアルでこの映画の見所のひとつではありますが…、なにせ死体解剖がメインの映画なので下手なホラーより断然グロいです。
苦手な人はお気をつけて。

まっ!ここのブログへ来て下さっている方で、グロいのは恐くて観れないとか、そういう人は多分いないと思いますが(笑)


最後に一言。
死体から取り出した肝臓をいたずらに人に投げつけるのはやめましょう。


良かったら応援お願いします~

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ  人気ブログランキングへ

 

 
 

拍手

| 前のページ | top | 次のページ |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
PROFILE
管理人:爪切り
チキンなくせにゾンビが好き(悩)

【爪切りの成分】
明るいホラー 40%
ROCK 30%
GAME 30%

LINKについては ★コチラ★をご覧下さい。お仲間募集中。
SEARCH
COMMENT
[05/08 ムズ]
[05/07 ムズ]
[02/12 ムズ]
[01/31 ムズ]
[01/01 ムズ]
[12/14 ムズ]
[12/05 ムズ]
[11/25 ムズ]
[11/10 ムズ]
[11/06 ムズ]
[11/06 ムズ]
[11/01 ムズ]
忍者ブログ [PR]
Design by Lenny arrange by 爪切り
Copyright (C) 2011 CHICKEN OF THE DEAD. All Rights Reserved.